JAバンクで働く22歳の私。職場の女上司からのパワハラで委縮する日々。それでもなんとかがむしゃらに頑張った話

JAバンクで働く22歳の私。職場の女上司からのパワハラで委縮する日々。それでもなんとかがむしゃらに頑張った話

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
22歳

【当時の職業】
JAバンクの金融窓口担当

【当時の住まい】
実家の一軒家で両親や弟と同居していました。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し主婦





【就職のきっかけと経緯】
私が就職活動していた時はかなり就職氷河期の時代で、どこも募集人数がかなり少なくどこを受けても受からなかったが、JAを受けてみたら運よく入れたため就職しました。

【環境と仕事内容】
他の銀行と同じような、金融窓口の仕事をしていました。
設備的には昔からあるとても古い建物で、あちこちボロさが目に付くような感じでした。
その支店の人数は20人以内くらいだったと思います。
自分は役職のついていない一般の職員のポジションでした。
お客さんは中高年からお年寄りが多く、アットホームな方が多かった気がします。
日中のみの営業で休日は土日祝日、給与は手取り13万くらいでした。

【大変だった時期】
20歳で就職し、2から3年目くらいのころから大変になった。




【大変だったこと】
古い体質の職場だったのでお局さんがおり、ご機嫌取りは大変でした。
また、JA自体は正職員でいる限り1年ごとに共済推進の高いノルマがありしんどかったです。
そのノルマを達成できなかった時は自分や家族の名前で共済に入り自ら共済掛金を払う必要もあったため、退職していく職員がとても多い職場でした。
共済以外にも農協新聞や家の光も購読させられました。
そのうえ、宝石、時計、家電などもノルマが達成できなければ買う必要もあり、親からも退職を勧められるほどでした。
普段の金融窓口の仕事としては、客層がお年寄りが多かったため、よくカードや通帳をなくす人がいたため、その対応が大変でした。
そのほかにも、たちの悪いクレーマーなどもおり、辛かったのを覚えています。

【大変だった期間】
2年くらい続きました。




【当時の心境】
安月給なくせに自爆(自分で買ったり共済に入ったりすることの通称)ばかりしないといけないこんな職場、自分はいつまでいるんだろうか、早くやめたいなと思っていました。
また、お局さんがいたため職場の雰囲気もあまりよくなく、今日もご機嫌取りか・・・と憂鬱でした。

【職場が大変だった原因】
JA独自の体質のせいなのが一番大きかったと思います。
仕事内容が金融窓口の業務だったのでお客様対応が大変だったのは仕事内容的にしょうがなかったのかなと思います。
(仕事内容が原因)




【仕事で良かったこと】




【特にひどかった最悪の出来事】
不慮の事故でけがをし一時期片目が不自由になりそのまま入院し、休職した時期がありました。
数か月たって復職しましたが復職した当日から当時の上司からごみのように扱われ、席も一番後ろの隅のほうに座らされ、片目は見えるのに雑用のような仕事ばかり与えられ、お荷物のような扱いをされ続けたことが本当に辛かったのを覚えています。
数人の人はいつもどおり接してくれたのですが、一部の人は今まで通りの仕事を任せられない私にイライラしていたのか、しばしば高圧的な態度のこともあった気がします。
優しく接してくれる人たちに対しても、心の中では絶対この人たちも私のことを邪魔者扱いしているんだろうな・・と考えてしまい辛かったのを覚えています。




【相談した人・助けてくれた人】
当時の彼氏に相談していました。
辛いことがあれば詳細を説明して愚痴り、とてもありがたかったのを覚えています。
彼はよく、○○はどんな仕事にも嫌な顔せずがんばっていて立派だよ、誰も認めてくれなくても、俺は認めてるよ。
というような言葉をかけてくれ、とても助かっていました。

【改善のための行動】
改善のための行動としては、とにかく与えられたどんな仕事にも真面目に真摯に取り組むだけしかできないかな、と思い毎日必死に働きました。
体も少し不自由ではありましたがそれを感じさせないくらいにほかの人たちよりも努力して仕事に取り組みました。
その結果雰囲気的に少し働きやすくなりました。




【現在の状況と心境の変化】
それから10年近く経過しました。
結局その仕事は辛くて退職してしまいましたが、今は専業主婦となり、毎日充実した生活を送れています。
ノルマや人間関係からも解放されましたし、退職して正解だったと心から思っています。
あのままあの職場にいたら辛い人間関係やノルマに追われ押しつぶされそうになっていたと思います。
辞めて本当に良かったです。

【学んだこと】
どんな仕事をするにも、人間関係がやはり一番重要だな、ということを学びました。
また、職場を選ぶ際にも、よくよく考えてから就職しないといけないな、と感じています。



【当時の自分へのアドバイス】
JAは共済や農協新聞、家の光とかでお金をどんどん吸い取られるから、できるだけ早めに辞めたほうがいいよ。
あなたはまだ20代そこそこなんだから仕事を選ばなければほかに仕事なんかいろいろあるし、早く転職を考えるべきだよ。
あと、事故にあってある程度治っても、上司やまわりの人たちからの風当たりも辛くなるだけだから、その職場には復職しないほうがいいよ。
あなたには他に輝ける場所があるから、よく考えてね。