30歳男子、銀行窓口受付業務、自分が神様と勘違いしている上司からのパワハラの話

30歳男子、銀行窓口受付業務、自分が神様と勘違いしている上司からのパワハラの話

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
30歳

【当時の職業】
銀行窓口職員

【当時の住まい】
一人暮らしでアパートです。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今も同じ職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
友人が働いていて、事前に職場の雰囲気をしることができ、試験に合格したので。
特に営業ができて歩合があるところが気に入りました。

【環境と仕事内容】
窓口業務、パソコンのような機械を使用、店舗ごとに違うが職員は平均7名、課長代理、お客さんはややご年配の方が多い、日勤、週休2日制、給与は200,000〜250,000円。
毎日いらっしゃるお客様を対応していくが、忙しい。
業務範囲がとても広く覚える事が多い。
改正も多く、頭がおいつかなくなる。
常に勉強。
家でも勉強。

【大変だった時期】
25歳から始めてずっとつらかったが今が一番つらい。




【大変だったこと】
人間関係が悪くなりやすいです。
忙しいとどうしてもお客様を待たせてしまうので殺伐とします。
人員を増やしてくれません。
希望者も少なければ、採用する気もない模様。
世間的には安定している会社、中身はとんでもないほどのブラック企業。
年功序列で昇進していき、上司は無能で別のことばかりに力を注いでいる。
休みはあるが、その分のしわ寄せがひどい。
応援がこない。
自然とクレームに繋がっていく。
お待たせしてしまってますからね。
しかしそこを上手くやるのが窓口の仕事。
でも周りは正直無能ばかり。
相談先も全く機能しておらず、意味がない。
その人たちの給与は誰が稼いでいるのかと疑問に思います。
残業はクリーン風に見せて、サービス残業のオンパレードです。

【大変だった期間】
16年くらいずっと。
今でも続いています。




【当時の心境】
毎日嫌でした。
安定している会社だと思っていたので、途中で辞めることはできず、ズルズル。
お客様のために働きたかったが、会社がそれをさせてくれません。
唯一楽しかったのは、自分が鍛えた後輩達との絡みくらいです。

【職場が大変だった原因】
無能な上司、会社の仕組み。
一国の王様気取りが後をたちません。
勘違いしてしまうんですよね所属長は。
そういった体制をとらざるをえないこの会社に問題があります。




【仕事で良かったこと】




【特にひどかった最悪の出来事】
7年目で初の異動。
その店舗は悪魔の店舗でした。
所属長がオラオラ系です。
金持ち特有の仕事はスムーズにといった感じの人でした。
こちらはいままで通りに仕事をしていましたが、まぁだめだしだらけでした。
説教もする。
周りの前で罵倒する。
掃除は特に念入りに。
窓の拭き方を教わりました。
教わったのと同じようにやったのに別日に怒られました。
その人には愛人がいて、一年後に上司になりました。
同じ性格の女性バージョンが誕生して、2倍の苦労をすることになりました。
その人にアルツハイマーなんじゃないの? と言われた時私の何かが切れました。
営業は私が一番成績良かったんですよ。
そのときも決して褒めずに説教ばかりです。
私は会社を早退して、うつ病になりました。




【相談した人・助けてくれた人】
相談はたくさんしました。
まったくのってくれない人が多く、自分が間違っているのかなと錯覚してきていました。
今はそう思いません。
段々あいつは愚痴が多いなと言われるようになり、精神は病んでいきました。
救いはなかったですね。

【改善のための行動】
所属長の言う通りにすること。
これが生きていく道でした。
それはお客様をないがしろにすることになり、とても苦痛でした。
考え方の違いと簡単には割り切れず、毎日つまらなかったですね。
味方は後輩に女の子だけでした。




【現在の状況と心境の変化】
それから6年経ちました。
異動先では少しマシになりましたね。
心は封印されている状態でした。
周りに良い人がいたおかげです。
しかしその次の異動先が最悪でした。
今度は何もしない所属長です。
半年ほど働いてわたしは再びうつ病になりました。
一国の王様達はすごいです。
やりたい放題です。
丁度いい人はいないのですか?
転職探し中です。

【学んだこと】
いろんな思想を持っている人がいることをしりました。
自分が大切なんですね。
保身第一。
私はそういう人達から辛い状態にされている人を救いたいです。



【当時の自分へのアドバイス】
自分の主張を貫き、それでも同意をもらえないならば、その時点で辞めるべきです。
安定にだまされました。
正しい目を持っていて欲しい。
人を傷つけることに何とも思っていない人からは一目散に逃げなさい。
その人は決して優秀ではない。
年功序列でそのポジションにいるだけです。
苦しいでしょう、仕事に行きたくないでしょう。
行くな。