【リテール】22歳新卒、銀行窓口の女子。お客のおじいさんにカードを投げつけられる

【リテール】22歳新卒、銀行窓口の女子。お客のおじいさんにカードを投げつけられる

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
22歳

【当時の職業】
リテール

【当時の住まい】
実家の一軒家で両親と同居

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し主婦





【就職のきっかけと経緯】
限られたお金でどう生活していくかを考えることが好きということをきっかけに、大学で商学部に入学。
その後金融系ゼミに入ったため、周りに銀行員が多く、自身も就職に至った。

【環境と仕事内容】
【仕事内容】
1年目:
窓口担当者として、口座開設・住所変更や喪失等諸届業務、相続受付
2年目から退職まで:
資産運用担当者として投資信託販売・生命保険販売・債権販売等
【職員の人数】
配属店:パート職員含め30名程度
男女比 1:9
異動店:パート職員含め25名程度
男女比 2:8
【休日】
土日祝休み、お正月は12/30日まで営業し、1/4より営業開始
資産運用の相談が月に1度あり、運用担当者のみ月に1度土日どちらか出勤あり。
振替休日として平日取得可能。
【給料】
400万円以上

【大変だった時期】
大学新卒で就職し、1年目




【大変だったこと】
【お客様関係】
理不尽なお客様や、人の話をよく聞かずにクレームを入れるお客様がいる。
仕方のないことではあるが、認知症のお客様も来店されることがあり、家族間で対処してもらいたいことが多かった。
【職員関係】
職員は基本いい人ばかりだったが、途中でお局様が異動してきた。
当時一番年次が低かった私にやたら当たり散らしてきて気分が悪かった。
人の好き嫌いで態度を変えたり、その日の自分の気分で態度が変わり、困惑した。
【仕事内容】
給与は休み、福利厚生については申し分ないが、新商品(新しい投資信託や保険など)が出るたびに目標(ノルマ)を設定され、自身が良いと思っていない商品でも販売しなければならないため、非常にストレスを感じていた。

【大変だった期間】
入社から退社まで




【当時の心境】
仕事内容は自分に合っていなかったため、日々ストレスがたまる一方だった。
仕事が終わり、自宅に帰ると意味もなく突然涙が止まらなくなることもあったため、軽い鬱状態だった。
しかし、職員は基本優しい人が多かったので、楽しい時もあった。

【職場が大変だった原因】
会社である以上、利益を出さなければいけないため仕事内容的に仕方がない部分もある。
しかし新しい商品をノルマをつけて販売する方針は良くないと思った。




【仕事で良かったこと】




【特にひどかった最悪の出来事】
入社1年目の新人の頃、70代のおじいさんのお客さまが来店された。
突然、「このキャッシュカードがATMで使えなくなった」とおっしゃり、私にキャッシュカードを投げつけてきた。
カードが使えない可能性として、磁気読み込みエラー、暗証番号を間違えたことによりロックがかかっているなどいくつか考えられるため、お客さまに聞いてみるが、暗証番号も間違っていなければ、磁気も店頭の機械で読み込みができる。
再度ATMにてカードの読み込みをしてもらうよう頼んだ。
使えないようであれば再発行する旨伝え、しばらく待っていたらお客さまが戻ってきた。
見るからに怒っており、
あぁ、やっぱり使えなかったんだなと思った。
お客さまが一言、怒った顔のまま
「カードを入れる向きが前後で間違っていたよ」
とおっしゃり、言い終えた途端、ニヤニヤしながら帰っていった。
たくさんのお客さまを対応したが、キャッシュカードを投げつけられたのはそのお客さま一人だけだった。
退職した今でも忘れられない。




【相談した人・助けてくれた人】
【助けてくれた人】
年次の近い先輩、ロビー担当のパートの方
【助かった行動】
カードが使えない原因を一緒に探ってもらった
ATMお客様と一緒に行き、カードを使って操作確認をしてもらった。
その結果、カードを入れる向きが間違っていただけであることが判明した。

【改善のための行動】
お客さまをこれ以上怒らせないよう、とにかく下手にでて謝罪の言葉を申し伝えた。
お客さまが悪いという態度をしないよう心がけたり、イライラが顔に出ないよう冷静にいるよう努力した。
ロビー担当の方や相談した先輩は味方をしてくれた。




【現在の状況と心境の変化】
入社からすでに約6年経過している。
運用担当者として主な業務が相談業務となった2年目の下半期から転職活動を開始した。
内定をもらったが、ちょうどそのタイミング異動が決まり、結局内定を辞退し、異動先でその後3年間勤め続けた。
5年目の終わりにとうとう嫌気がさし、退職した。
現在は妊娠・出産し、赤ちゃんを育てている。

【学んだこと】
接客業をされている方(コンビニの店員さんやスーパーの店員さんなど)に感謝を伝えたり、優しく接するようになりした。



【当時の自分へのアドバイス】
周りのために自分を犠牲にしすぎてはいけない。
自分の手に負えないことは、きちんと断る勇気を持たないと、どんどん自分がしんどくなっていく一方。
いい人が多い中で唯一1人、嫌なお局がいるけれど、自分の機嫌を自分で取ることすらできない子供だからいちいち傷つく必要なし!
自分にだけやたら当たりが強いことを周りはちゃんと理解してくれているし、味方してくれる人が沢山いる。
仕事は銀行に限らずどうにでもなるから嫌になったらすぐにやめたほうがいい!